トップページ > 目についての健康情報 > 子どもの弱視・斜視 > 8.弱視と斜視のメガネ

子どもの弱視・斜視

8.弱視と斜視のメガネ

患者 調節性内斜視の場合は、手術をしなくとも治るのですか。
医師 調節性内斜視は遠視が原因でおこりますから、遠視のメガネをかけると良くなります。ただし、一部分が調節性内斜視のお子さんの場合は、メガネをかけながら手術も行います。
患者 遠視のメガネはどこで作ればいいですか。
医師 必ず眼科を受診して作ってください。
遠視性弱視や調節性内斜視のメガネは、ふつうの視力検査や屈折検査では作れません。
子どもは目の調節力が強いので、遠視の場合、正しい度がわかりません。そのため一時的に調節を止める目薬をさして検査する必要があるのです。
患者 子どもが幼くてメガネをかけられない場合はどうするのですか。
医師 その場合は、メガネがかけられるようになるまで待ってかまいません。遠視性弱視や調節性内斜視のお子さんは、遠視のため視力があまり良くないので、ふつう三歳位になるといやがらずにメガネをかけるようになります。
患者 子どもの斜視は放っておいても治るという人がいるのですが。
医師 そんなことはありません。赤ちゃんは右目と左目の間が離れていて内側の白目が見えないことがあり、斜視と間違われたりします。これはみかけの斜視なので成長に伴って治りますが、本当の斜視は治療しなければ治りません。