トップページ > 目についての健康情報 > 知っておきたい加齢黄斑変性―治療と予防― > 7.加齢黄斑変性のその他の治療

知っておきたい加齢黄斑変性―治療と予防―

7.加齢黄斑変性のその他の治療

【光線力学的療法】
抗血管新生療法が承認される以前に一般に行われた治療です。現在は、単独で行うことはほとんどなく、抗血管新生療法と併用で行うことがほとんどです。
光に反応する薬剤(ベルテポルフィン)を体内に注射した後に、病変部に弱いレーザーを当てる治療で、初回治療の後、3ヵ月毎に病状を評価しながら治療を継続します。光感受性物質であるベルテポルフィンは、治療後しばらく体内にとどまりますので、肌に光があたるとやけどのような症状が出ることがあります。このため治療後5日聞はなるべく外出を控え、直射日光が肌に触れないよう、帽子や手袋を着用する必要があります。
【レーザー光凝固術】
脈絡膜新生血管が、中心窩にない場合はレーザーで焼切ることができます。レーザーを照射した部分の網膜の視細胞はやられてしまうので、その部分は見えなくなりますが、新生血管が中心窩に及ぶことを防ぐことができるため、視力が低下することを防ぐことができます。

光線力学的療法

レーザー光凝固術