トップページ > 目についての健康情報 > 知っておきたい加齢黄斑変性―治療と予防― > 6.滲出型加齢黄斑変性の治療

知っておきたい加齢黄斑変性―治療と予防―

6.滲出型加齢黄斑変性の治療

滲出型加齢黄斑変性の治療には、1. 抗血管新生療法、2. 光線力学的療法、3 . レーザー光凝固術、があります。

【抗血管新生療法】
加齢黄斑変性の原因となる脈絡膜新生血管は、血管内皮増殖因子(VEGF)というたんぱく質によって成長が促進されます。近年この最も重要な原因物質であるVEGFを抑える薬剤が開発されました。この薬剤は、硝子体内注射といって、眼に直接注射します。外来でできる治療ですが、眼を消毒し、清潔な状態で行い、簡単な手術のような治療になります。注射の前に麻酔をしますので痛みはほとんどありません。治療のスケジュールは病状により異なりますが、一般的には、はじめ3回毎月連続で注射を打ちます。その後は必要に応じて注射をする、あるいは、計画的に投与間隔を決めて注射を行ってゆきます。治療効果の出方には個人差がありますので、長期にわたって注射を継続する必要があることもしばしばあります。中断すると、再発し、治療前の状態にもどることもしばしばあります。根気よく治療を続けましょう。

抗血管新生療法