トップページ > 目についての健康情報 > コンタクトレンズと目のお化粧—健康で美しい目を守るには— > 16.定期検診で目の健康を守ろう

コンタクトレンズと目のお化粧—健康で美しい目を守るには—

16.定期検診で目の健康を守ろう

コンタクトレンズ(カラーコンタクトレンズも同じ)を装用したい場合は、必ず眼科を受診しましょう。まず、コンタクトレンズを付けても大丈夫な状態かどうかの診察が必要です。涙や結膜の状態、角膜に異常がないかどうかなどは、重要なポイントです。

また、目の形は、一人ひとり違うので、レンズの種類選びが大切です。ベースカーブといって、コンタクトレンズのカーブが自分の目の形と合ったものを選ばないといけません。合わないレンズを付けていると、重大な目の病気を引き起こしてしまいます。

必ず眼科専門医にコンタクトレンズを付けた状態を確認してもらい、目の状態に合ったレンズを選んでもらいましょう。

そして、レンズの取り扱い方法や、レンズケアの方法の指導を受けたら、3ヵ月に一度は必ず定期検査を受けましょう。

調子がいいからと放っておくと、怖い病気が隠れているのに発見が遅れ、失明などのとりかえしのつかない結果を招くこともあります。