トップページ > 目についての健康情報 > コンタクトレンズと目のお化粧—健康で美しい目を守るには— > 4.涙とコンタクトレンズ

コンタクトレンズと目のお化粧—健康で美しい目を守るには—

4.涙とコンタクトレンズ

角膜は透明で血管がないので、主に涙によって必要な酸素を取り入れ、老廃物を排出しています。コンタクトレンズは角膜を覆いますから、このメカニズムに負担がかかります。現在発売されているほとんどのコンタクトレンズは酸素を通しますが、その程度はさまざまです。角膜に酸素が届くには主に 2 つのルートがあって、コンタクトレンズを通った酸素が角膜に届くルートの他に、レンズ下の涙の交換によって届くルートがあります。しかし、ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズでは、レンズ下の涙液交換のしくみが異なります。

ハードコンタクトレンズは固いので、涙の上に浮かび、まばたきのたびに、レンズと角膜の隙間の涙が交換され、酸素が供給されます。ソフトコンタクトレンズでは、柔らかく、角膜にすっぽりかぶせて装用するので、レンズ下の涙液交換は、ハードコンタクトレンズよりも少なくなります。

角膜が酸素不足にならないよう、装用時間が長くならないようにしましょう。意識して深いまばたきをするようにし、回数も多くしましょう。涙の中には、抗菌作用のある物質が含まれていて、角膜を守る働きをしています。涙が正常に分泌されているかどうかは、コンタクトレンズを安全に使用する際の大事なチェックポイントです。