トップページ > 目についての健康情報 > 子どものコンタクトレンズQ&A > 2.コンタクトレンズはメガネとどう違うの?

子どものコンタクトレンズQ&A

2.コンタクトレンズはメガネとどう違うの?

CLとメガネで最も異なることは「安全性」です。メガネでは目に傷がついたりはしませんが、CLは目の上にのせるので、障害が起きる可能性があります。

一方、CLは光学的に優れています。メガネは遠視ではモノが大きく見え、近視では小さく見えますが、CLはそれが少ないのです。また、視野も広く、眼球とともに動くので、ピントのズレもなく、適切に見えます。

左右の目の度数が違う場合、メガネでは目の底に写る像の大きさが異なります。けれどCLでは、その大きさの変化が少ないので適切に見えます。そのためにCLは弱視の治療にも使います。

コンタクトレンズとメガネの違い

CLは目の上にのせます。メガネのレンズは目から12ミリ程度離れます。