トップページ > 目についての健康情報 > 目の定期検査のすすめ > 7.糖尿病網膜症

目の定期検査のすすめ

7.糖尿病網膜症

糖尿病の人に起こる病気

糖尿病はインスリン作用の不足により、血糖値が上がってしまう病気で、高血糖の状態が長く続くと、網膜の血管が弱くなって、小さな出血やむくみなどが出てきます。進行すると、硝子体に出血したり、網膜剥離を起こすなどして視力が低下し、ついには失明にまで至ります。

発症までに時間がかかり、初期は自分では分からない

糖尿病網膜症は糖尿病になってから、何年も経ってから発症します。けれども、糖尿病にいつからなったのかがはっきりしないことも多いですし、網膜症の初期には自覚症状がほとんどありませんから、安心は出来ません。早くから、定期的に眼底検査を受けて、初期から自分の網膜の状態を知っておくことは、大切です。

進行状態も自分では分からない

血糖のコントロールがよいと糖尿病の進行が遅く、網膜の障害も途中で安定することもあるのですが、視力低下や飛蚊症などの自覚症状が出てからでは、手遅れになる恐れがあります。
糖尿病網膜症の人は、定期的に眼底検査を受けて進行状態をチェックしてください。