トップページ > 目についての健康情報 > 目の定期検査のすすめ > 6.緑内障

目の定期検査のすすめ

6.緑内障

視神経が障害され、視野(見える範囲)が欠けて見えにくくなり、進行すると失明します

目の球形を保つ力を眼圧といい、眼圧が高くなると視神経が圧迫されて少しずつ障害され、視野が欠けていきます。日本人では、40歳以上の約 20 人に 1 人の方が何らかの緑内障状態であると推定されています。

眼科の眼底検査

視神経障害は視神経乳頭の萎縮(陥凹拡大)の形で現れます。眼科専門医は眼底検査で視神経乳頭陥凹を正確に判断します。健診の眼底検査で緑内障疑いと指摘されることがありますが、これはあくまでスクリーニングで正常の場合が含まれていますので、眼科専門医の目でさらに診断することが必要です。

視野の障害を早い時期に発見

視野が欠けても、初めのうちはほとんど気がつきません。緑内障がかなり進行して視野の欠けに気がつきます。また視野が大きく欠けてから治療を始めると進行を抑えることが難しくなりますので、早期発見が大切です。眼科で精密に視野を検査してもらいましょう。

眼圧も総合的に判断が必要

正常な眼圧(10 ~ 21mmHg)でも視神経がおかされる人がいて、正常眼圧緑内障といいます。また、眼圧は一日のうちで変動します。健康診断などで眼圧が正常でも、安心はできません。

目の構造

眼圧が高くなると視神経がおかされます