トップページ > 目についての健康情報 > パソコンと目 > 4.VDT 症候群で起こる目の症状、体の症状、心の症状

パソコンと目

4.VDT 症候群で起こる目の症状、体の症状、心の症状

よくある目の症状

Q. 目ではどんな症状がみられますか。
Dr. 物がかすんで見える、見えにくい、目が重い、目が痛い、目が疲れる、まぶしい、涙がしょっちゅう出る、目が赤くなる、目が乾く、物が二重に見える、などです。

よくある体の症状

Q. 体にはどんな症状が出ますか。
Dr. 目の疲れがひどくなると、気分が悪くなったり、頭痛がしたり、吐き気がすることがあります。また、首や肩のこり、腰のだるさ、腰痛、背中の痛み、腕の痛みや手のしびれ、などの症状が出てきます。

よくある心の症状

Q. 心のトラブルも起こるのですか。
Dr. 目の不快な症状がストレスとなって、イライラ感や、不安感、憂うつ感などを引き起こすことがあります。

作業中に苦痛を訴えやすい箇所

目の疲れ、首の痛み、肩こり、背中の痛み、腕の疲れ、腰痛などです。

メガネやコンタクトは合っていますか

メガネやコンタクトの度があっていないと目が疲れます。一度、眼科で視力検査をしてもらいましょう。
パソコンでの作業を長時間続ける場合は、パソコンの距離用に調節したメガネやコンタクトを使用すると目が楽になることがあります。