トップページ > 目についての健康情報 > メガネのかしこい使い方 > 16.コンタクトレンズの処方と選び方を教えてください。

メガネのかしこい使い方

16.コンタクトレンズの処方と選び方を教えてください。

コンタクトレンズは、眼科専門医に処方してもらいましょう。
コンタクトレンズにはハードとソフトがあります。ハードは角膜乱視があるときに有用です。また、角膜に障害が起きると目が痛くなりますので、ある意味では安全です。
最近はソフトレンズが主流になり、ディスポーザブル(1日使い捨て、1週間連続装用)のほか、頻回交換レンズ(2週間)、定期交換レンズ(1ヵ月、3ヵ月)、コンベンショナル(1~2年)などがあります。高い酸素透過性レンズが安全といわれ、近年、酸素透過率が高いシリコーンハイドロゲルレンズが発売されてきています。

コンタクトレンズの人でも、予備のメガネは必要です。