トップページ > 目についての健康情報 > メガネのかしこい使い方 > 8.老眼はいつから起こりますか?

メガネのかしこい使い方

8.老眼はいつから起こりますか?

目は、水晶体が厚くなったり薄くなったりして、ピント合わせをおこなっています。そこで、水晶体は弾性をもつことが大切です。しかし、加齢とともに水晶体の弾性が低下し、ピント合わせが困難になります。通常、45歳くらいで新聞や本などの近くのものが見にくくなります。
近視の人はその年頃になってもメガネを外すと近くが見えますが、キチンと合ったメガネをかけると、正視の人とほぼ同じ年齢で老眼の症状が出てきます。寿命は個人によって違いますが、老眼はだれでも必ずほぼ同年齢で起こってきます。

遠方視は毛様体筋が弛緩しています。近方視は毛様体筋が緊張しています。