トップページ > 目についての健康情報 > メガネのかしこい使い方 > 3.屈折異常とはなんですか?

メガネのかしこい使い方

3.屈折異常とはなんですか?

目が遠くにピントを合わせた状態で、遠くのものがよく見える目を正視といいます。ピンボケに見える目を屈折異常といい、これには遠視、近視、乱視などがあります。
遠視は遠くのものが網膜の後ろでピントが合う目、近視は網膜の前にピントが合う目です。乱視は、目のレンズ系がフットボールのように縦と横のカーブが違う目で、遠くのものにも近くのものにもピントが合わない目です。屈折異常はメガネまたはコンタクトレンズで矯正します。

正視と屈折異常