トップページ > 目についての健康情報 > 子供が近視といわれたら > 6.偽近視(仮性近視)は治らないの?

子供が近視といわれたら

6.偽近視(仮性近視)は治らないの?

近業を長く続けると、水晶体の厚さを調節している毛様体が異常に緊張して、一時的に近視の状態になってしまいます。これを偽近視といい、俗に「仮性近視」と呼ばれています。調節を麻痺させる働きのある点眼薬をつけて治療します。
ただ、偽近視の状態が本当にあるかどうかについては、賛否両論があります。また点眼薬も、2~3か月治療して視力が出ないようなら続けても意味はありません。あまり根拠のある治療法ではないので期待しない方がよいと思います。
点眼薬をつけて効果が出ない場合にはメガネを処方してもらったほうがよいでしょう。

近業のときは毛様体が緊張します。