トップページ > 目についての健康情報 > 飛蚊症と網膜剥離 なぜ?どうするの > 8.網膜剥離の治療後は

飛蚊症と網膜剥離 なぜ?どうするの

8.網膜剥離の治療後は

網膜剥離を放っておくと、ふつう網膜は全部剥がれてしまい、剥がれた網膜には血液が供給されないため、時間が経つと失明してしまいます。網膜剥離の治療は失明を予防する目的で行われ、手術の進歩で網膜復位率は向上しています。
しかし、大きな裂孔だったり、古い剥離があったり、強度近視など他の眼疾患に合併していたりと、網膜剥離のタイプはさまざまで、どの程度改善するかは、それぞれの病態によって異なります。どんな手術も合併症の危険は避けられません。早急な手術が必要となりますが、担当医と網膜剥離のタイプや治療法を相談して、治療計画を検討してください。
網膜が元の位置に戻って(復位)も、視力の回復や視野の改善には限度があり、再剥離の危険性もあります。また、もう片方の目にも網膜剥離の危険因子がある場合もありますので、もう片方の目も含めて、術後の経過観察が大切です。