トップページ > 目についての健康情報 > 40代で始まる目の老化 > 2.どうして老眼になるの?

40代で始まる目の老化

2.どうして老眼になるの?

目の中には水晶体という、カメラのレンズに相当する組織があり、遠くのものや近くのものにピントを合わせる大切なはたらきをしています。近くのものを見るときには、水晶体を吊り下げている毛様体小帯という線維がゆるみ、その結果、水晶体の厚みが増して近くのものにピントを合わせることができます。

しかし年齢とともに水晶体はかたくなり、毛様体小帯がゆるんでも水晶体の厚さを変えることができなくなってきます。そのため、近くのものにピントを合わせることができなくなるのが、老眼です。

目の構造

目は、硝子体、毛様体小帯、虹彩、水晶体、角膜、網膜、視神経からなっています。

老眼の起こる理由

近いところを見るときに、水晶体が厚くならないため眼底にピントが合わずよく見えません。