トップページ > 目についての健康情報 > 40代で始まる目の老化 > 1.はじめに

40代で始まる目の老化

1.はじめに

昔から、老いは目と歯から始まるといわれています。特に、近くが見づらくなることに始まる老眼は、機能的な衰えを自覚する最初の症状ではないでしょうか。
老眼の初期には、老眼であることを認めたがらなかったり、老眼鏡をかけることに抵抗がある患者さんも多いと思います。しかし、老眼を軽くみて、市販の簡単な老眼鏡を適当に装用し、目に合わない老眼鏡を使用することは、眼精疲労をはじめとした身体症状をきたす大きな原因になります。
このホームページを読んでいただくことにより、自分の目に合った正しい老眼鏡を作ることがいかに大切であるか、ご理解いただければ幸いです。