トップページ > 目についての健康情報 > 糖尿病で失明しないために > 1.はじめに

糖尿病で失明しないために

1.はじめに

近年、糖尿病の合併症の一つである糖尿病網膜症(網膜症)による失明が大きな問題になっています。網膜症は、糖尿病の合併症の中でも非常に危険なもので、その症状が自覚されないうちに進行し、自覚症状が現れたときには、すでに失明の危機に瀕した状態であることがほとんどです。
これを防ぐためには、糖尿病と網膜症に関する知識を十分に知ることが大切です。それと同時に、日頃から目に関心を持ち、定期的に眼底検査を受けるべきです。早期発見・早期治療が失明防止につながります。