トップページ > 目についての健康情報 > コンタクトレンズと感染症 > 15.処方と定期検査は眼科専門医で

コンタクトレンズと感染症

15.処方と定期検査は眼科専門医で

コンタクトレンズが装用可能な目であるかどうかをチェックしておくことは、無用な合併症を防ぐ意味で重要です。一体どのくらいの近視なのか?涙の分泌状態はどうか?まぶたや結膜、角膜に異常はないか?眼底は大丈夫か?など詳しく調べてもらう必要があります。
特に最近では、バイフォーカル、トーリック、カラーなどバリエーションが非常に多彩なため、眼科専門医でないとなかなか的確なアドバイスは受けられません。もちろん、度数がちゃんと合っているか、フィッティングは適切かなどについて定期的な検査も欠かせません。
処方と定期検査は絶対に眼科専門医で。