トップページ > 目についての健康情報 > 子どもの遠視 > 7.遠視の治療

子どもの遠視

7.遠視の治療

患者 遠視を治す方法はありますか。
医師 遠視そのものを治す方法はありません。また遠視があっても、視機能に問題がなければ病気ではないので、治す必要もないのです。
患者 治療が必要なのは、どのようなときですか。
医師 斜視や弱視をともなっている場合や、メガネをかけないと視力が悪く、日常生活に不便な場合です。
患者 治療はどのようなことをするのですか。
医師

遮蔽法の図 基本はメガネをかけることです。
その上で、不同視弱視では、よく見える方の目をかくして、視力の悪い方の目を積極的に使わせる訓練(遮蔽法)をします。
内斜視では、プリズムという光を曲げるレンズをメガネにはって、治療することもあります。

患者 メガネはどこで作るのですか。
医師 眼科で精密な屈折検査を受け、処方箋を書いてもらってから、眼鏡店で作ってください。
患者 精密な屈折検査とはどのようなことをするのですか。
医師 子どもは調節力が強いので、検査のとき目が緊張してしまい、そのままでは正しい屈折度がわかりません。一時的に調節を麻痺させる点眼薬をつけて、検査を行う必要があります。
この場合、薬の効果を十分に高めるために、ご家庭で一週間ほど点眼していただくこともあります。