トップページ > 目についての健康情報 > アトピー性皮膚炎と目 > 日常のスキンケア

アトピー性皮膚炎と目

日常のスキンケア

アトピー性皮膚炎の患者さんは、皮膚をかきこわして傷をつくったり、気道の炎症をくり返して粘膜に細かい傷をつくったりするために細菌が増殖しやすく、さらに白血球の機能異常などによる免疫機能の異常が加わって、感染をおこしやすいといわれます。細菌やウイルスによる感染を皮膚に何度もおこしたり再発したりする、病変した皮膚から常に黄色ぶどう球菌がみつかる、健常な皮膚からも異常細菌の集まりがみつかるなどのことから、いかに感染しやすいかが証明されています。また免疫グロブリン*であるIgAが低下するため、汗腺、涙腺、唾液腺に細菌が付着しやすいともいわれています。
アトピー性皮膚炎の患者さんは常に感染しやすい状態にあるわけですから、皮膚炎を改善するためには、日常生活でのていねいなスキンケアが欠かせません。

* からだには侵入した異物(病原菌など)を排除する抗原 抗体反応(免疫)というしくみがある。からだを守る主な抗体が免疫グロブリン。