トップページ > 目についての健康情報 > 屈折異常と眼精疲労 > 13.乱視の疲労予防策

屈折異常と眼精疲労

13.乱視の疲労予防策

幼児期に存在する強い乱視は完全に矯正し、学童期以降に初めてメガネを装用する場合には、日常視の妨げにならない程度の乱視は残して矯正するのが、乱視の矯正の原則です。初めて使用したときに、ひどく歪みを感じるようでは適切なメガネとはいえません。
最近普及しているコンピュータ内蔵の屈折検査装置では、ほとんどすべての人に乱視が検出されます。その乱視をすべてメガネで矯正された場合には、快適なメガネにはならず、眼精疲労の原因になります。今まで乱視は無いと思っていた人が、突如、乱視があると言われた場合には要注意です。