トップページ > 目についての健康情報 > 屈折異常と眼精疲労 > 8.遠視って?

屈折異常と眼精疲労

8.遠視って?

「遠視ってどんな目?」ときくと、「遠くが見える目」と返ってきます。しかし、正しくは、「遠視はピント合わせの努力をしなければ、遠くにも近くにもピントが合わない目」なのです。
遠視が良く見える目と誤解されているのは、ピント合わせを行っているためなのです。遠視は遠くを見ているときにもピント合わせの努力を続けていますので、非常に疲れやすい目なのです。子供のときには目が疲れたと自覚する前に、近くを見ることに飽きてしまいますので、遠視の子供は読書好きにはなれません。