トップページ > 目についての健康情報 > 屈折異常と眼精疲労 > 4.目が2つあるわけ

屈折異常と眼精疲労

4.目が2つあるわけ

1つの目が失明したときの予備のために2つの目があるのではありません。2つの目があることによって、容易に遠近感や立体感を得ることができます。また片目で見るよりも両目で見たときの方が良い視力が得られます。

遠くを見ているときよりも近くを見るときには両目を内側に寄せなければなりません。したがって、近くにピントを合わせるためには、毛様体筋を収縮させるための努力と同時に、眼球を内側に寄せるための努力が必要です。これらの努力が高じると、目に疲れが生じます。