トップページ > 目についての健康情報 > 屈折異常と眼精疲労 > 3.ピント合わせのしくみ

屈折異常と眼精疲労

3.ピント合わせのしくみ

目のピント合わせは毛様体筋が収縮することによって起こります。毛様体筋の力を抜いてピント合わせのための力を全く使っていないときには、目は最も遠くにピントが合った状態になっています。
毛様体筋が収縮することによって水晶体の周囲に付着しているチン帯がゆるみ、水晶体は自らの弾力性で、膨らみが大きくなり、近くにピントが合うのです。あまり自覚はしていませんが、近くにピントを合わせるときには、毛様体筋を収縮させる努力をしているのです。

近くを見るときは、毛様体が緊張している状態です。