トップページ > 目についての健康情報 > 屈折異常と眼精疲労 > 1.はじめに

屈折異常と眼精疲労

1.はじめに

長い距離を歩くと足が疲れます。歩き過ぎると、体にも疲れを感じます。走ったときには、歩いたときよりも疲れを感じますし、病気になって体の調子が悪いときには、なおひどい疲れが生じます。
同じように、目を使うと目が疲れます。目を使いすぎると、全身にも疲れを感じます。これが眼精疲労です。目が正しく使われていないと、目の疲れは起こりやすくなりますし、目や全身に病気があるときには、なお疲れやすくなります。
眼精疲労は予防が大切です。目を正しく使えば、目の疲れを防ぐことができます。眼精疲労の多くは、自らが気をつけることによって予防できます。
この一文が眼精疲労への理解を深め、快適な視生活への一助になれば幸いです。