トップページ > 目についての健康情報 > ウイルス性結膜炎 > 9.薬は必要ないのでしょうか

ウイルス性結膜炎

9.薬は必要ないのでしょうか

特効薬はありませんが、炎症をおさえたり、細菌の混合感染を予防するための点眼薬を使用します。
ウイルス性結膜炎は片方の目から症状がでます。その時期には症状のある目だけに点眼してください。もう一方の目は、症状がでるのが遅いほど軽くすみますが、両眼に点眼すると点眼薬の容器から感染することがあるからです。
流行性角結膜炎では、角膜びらんを伴うことがあります。この場合は、抗菌薬の点眼や眼軟膏(がんなんこう)を積極的に用いて、感染を予防する必要があります。また点状表層角膜炎に対しては、濁りをとるためにステロイド点眼薬を使います。