トップページ > 目についての健康情報 > 赤ちゃんの目の病気 > 9. 3歳で必ず視力検査を

赤ちゃんの目の病気

9. 3歳で必ず視力検査を

母親 赤ちゃんの目が遠視だと、なぜ弱視になるのですか。
医師 遠視と目の調節 遠視の目は網膜の後方でピントが合うため、ひどくなると近くの物も遠くの物も良く見えません。それで弱視になりやすいのです。
母親 どうしたら遠視がみつかりますか。
医師 赤ちゃんは、3歳になると視力が測れるようになります。
自治体の三歳児健診で視力検査が行われますので、受診すればお子さんの視力に異常がないか確かめられます。必ず3歳で視力検査を受け、異常があればすぐに適切な治療を受けてください。
また、3歳まででも目の異常を感じたときは、眼科医に相談してください。