トップページ > 目についての健康情報 > 子供の近視 > 7. 近視の治療法

子供の近視

7. 近視の治療法

患者 近視を治す方法はありませんか。
医師 メガネやコンタクトレンズを使わないで近視を治すのは難しいといえます。 近視になりかけの偽近視の時期に点眼薬を用いる治療法がありますが、視力がもとに戻る例はそんなに多くありません。
最近、近視の手術的矯正法として、放射状角膜切開術や工キシマレーザーによる角膜切開術などが発表されています。まだまだ多くの問題があって安全な手術とはいえません。(※)

近業時の毛様体の緊張

患者 偽近視なら治る可能性があるのですか。
医師 近業を長く続けると、水晶体の厚さを調節している毛様体が異常に緊張して、一時的に近視の状態になってしまいます。これを偽近視といい、調節をマヒさせる点眼薬で治療します。
ただし近視の進行状態によって効果がちがいますから、2~3ヶ月治療して視力がでないようなら続けても意味はありません。あまり効果のない治療法なので期待しないほうがいいと思います。
患者 これ以上、子どもの近視を進ませたくないのですが。
医師 近視は20代の後半まで進行するのがふつうです。進行を防ぐには、前にお話した生活の注意を実行するくらいしか手だてはありません。確実な方法とはいえませんが、子どもの目に悪い環境は改善するように努力しましょう。
患者 近視には確実な治療法や予防法はないのですね。
医師 近視を病気のように考えている人がいますが、遠いところが見にくいだけのふつうの目です。親が近視を特別視すると、子どもの心をかえって傷つける恐れがあります。

(※ 問題は残っていますが、機器の進歩により、安全性は向上してきています。)