トップページ > 目についての健康情報 > 黒いものが飛ぶ 飛蚊症 > 6. 生まれつきの飛蚊症

黒いものが飛ぶ 飛蚊症

6. 生まれつきの飛蚊症

胎児のうちは、硝子体の中に血管が走っています。この血管はふつう出産までにはなくなってしまいます。ところが時にその血管の一部、あるいは血管周囲の組織の一部が生後も硝子体の中に濁りとして残ることがあります。

このような生まれつきの濁りは、視力さえ良ければ特に急いで治す必要もありませんし、時々検査をして異常がなければ放置していても心配のないものです。