トップページ > 目についての健康情報 > 黒いものが飛ぶ 飛蚊症 > 3. 硝子体について

黒いものが飛ぶ 飛蚊症

3. 硝子体について

飛蚊症は、眼球の硝子体(しょうしたい)に濁りができたためにおこる症状です。そこでまず硝子体のことをお話ししましょう。

硝子体は、水晶体(眼のレンズ)の後方から網膜に達するまでの眼球の大部分を占めています。その中には生卵の白身のような透明でドロッとした物質がつまっています。

目の一番前にある透明な角膜、その後方の前房、水晶体を通ってきた光は硝子体を通過して網膜に達して物が見えるわけです。

眼球の断面図