トップページ > 東日本大震災関連情報 > ご報告(東日本大震災義援金の第3次配布について)

ご報告(東日本大震災義援金の第3次配布について)


                                                          平成23年5月10日

各位

                                                       社団法人 日本眼科医会
                                                            会長   高野  繁
                                                       財団法人 日本眼科学会
                                                            理事長 根木 昭


               ご報告(東日本大震災義援金の第3次配布について)

 当義援金へのご理解ならびにご協力をいただいている皆さまへ御礼申し上げます。
 さて、義援金の第3次配布を実行いたしましたので、報告いたします。
 岩手県、宮城県で避難所等の巡回診療に貢献しているビジョンバン(移動式眼科診療バス)の活動を支援するために、下記の義援金の配布を4月28日に行いました。
 以下は専用ホームページからビジョンバンの説明部分を一部抜粋します。
 「眼科医療においては、正確な診断のために高度検査機器が欠かせません。そこで、バスに眼科で必要な検査機器や治療に必要な機材、目薬などを搭載し、医師と検査員が同乗して診療を行うものです。災害地域では、眼科医院も被災で診療ができない状況です。特に高齢者の多い現地では、緑内障、糖尿病網膜症、黄斑変性、角膜炎など失明につながる疾病も少なくないと予想されます。避難生活の長期化が予想される中、早期に眼科検査機器による的確な診断と治療を受けていただくことが望まれます。」
 注:ビジョンバンの専用ホームページ http://www.mediproduce.jp/mvv/index.html
 末筆ながら、皆様のご健勝をお祈り申し上げますと共に、今後に向けて更なるご協力を賜りますように、切にお願い申し上げます。


                                           記

                                           金 3,000,000円

                                                                          以上