緑内障といわれた方へ―日常生活と心構え―

1.はじめに

緑内障は非常に多い病気で、40歳以上で5%、60歳以上では1割以上の患者がいます。残念ながら日本の失明原因一位となっています。患者は多いのですが、緑内障の失明率はかなり低く、早期に発見して適切に治療を受ければ、生涯視野と視力を保てる病気です。

ただし、早期発見には眼科に行かないと分からないことが多く、また診断されても、早期や中期では自覚症状がないために、治療をやめてしまう方が多いのが問題となっています。

ですから、緑内障と診断されたら、早く見つかって運が良かったと思って、定期的に通院をして下さい。仕事や生活を変える必要はありませんから、緑内障とは長くうまく付き合って行くようにして下さい。生涯、見え方を保つことができるように、病気に対する理解を深めていただく内容を盛り込みました。

東京大学医学部眼科学 教授
相原 一