トップページ > 個人情報保護方針

個人情報保護方針


公益社団法人 日本眼科医会

公益社団法人日本眼科医会は、会務の遂行にあたり、個人情報保護の重要性を十分に認識し、法令の遵守はもとより、次のように個人情報保護に関する方針を策定し、個人情報の漏洩などを防止し、その保護に努力してまいります。

1.個人情報の定義

「個人情報」とは、個人の氏名、年齢、生年月日、電話番号、メールアドレス、住所、勤務先など、一つまたは複数の組合せによって個人を特定できるすべての情報をいいます。

2.個人情報の収集、利用および提供に関する方針

(1)収集の原則
個人情報の収集は、目的を明確にし、適切かつ公正な方法で行い、できるだけ事前に本人の同意を確認して行います。
(2)利用および提供の原則
個人情報の利用と提供は、事前に明確にした目的の達成に必要な範囲内でのみ行います。また、外部委託により個人情報を外部に預託する場合は、充分な個人情報保護基準を満たしている委託先を選定し、個人情報保護契約を締結したうえで行います。

3.開示、訂正請求等への対応に関する方針

本人からの個人情報に関する開示請求や、個人情報の誤りおよび変更に伴う訂正等の要求があった場合は、可及的速やかに対応します。

4.個人情報の適正管理に関する方針

収集した個人情報について、不正アクセス、改ざん、破壊、漏洩、紛失などを防止するために必要かつ適切な安全対策を講じます。

5.法令およびその他の関連規範の遵守に関する方針

個人情報保護責任者を設置し、個人情報に関して適用される法令およびその他の法規範を遵守します。

6.個人情報保護・管理の継続的改善に関する方針

継続的に監査を実施し、個人情報の保護・管理を見直し、その改善に努めます。

日本眼科医会個人情報保護規程

(目的)
第1条

この規程は、公益社団法人日本眼科医会(以下「本会」という)の事業遂行上取り扱う個人情報を適切に保護するために必要な基本的事項を定め、役員および職員に対し事業内容に応じた個人情報保護を遵守させることを目的とする。

(適用範囲)
第2条

この規程は、本会の役員および職員に対して適用し、また、個人情報を取り扱う業務を外部に委託する場合の委託先に対しても適用する。

(用語の定義)
第3条

この規程において使用する用語の定義は、次のとおりとする。

(1)個人情報 個人の氏名、年齢、生年月日、電話番号、メールアドレス、住所、勤務先など、一つまたは複数の組合せによって個人を特定できるすべての情報
(2)役員 本会定款第14条第1項で規定する役員
(3)職員 本会の業務に従事する者で、正職員のほか、嘱託職員、派遣職員、臨時職員
(4)開示 情報主体または別に定める関係者(以下「情報主体等」という)に対して、これらの者が本会の保有する情報主体に関する情報を自ら確認するために、情報主体等からの請求に応じて、情報の内容を書面等で示すこと
(5)情報主体 個人情報により特定される個人
(個人情報保護方針の策定)
第4条

本会会長(以下「会長」という)は、個人情報の保護・管理に必要な事項を役員および職員に周知させるとともに、個人情報保護方針を策定する。

(個人情報保護方針の周知)
第5条

会長は、「個人情報保護方針」を役員および職員へ周知し、理解させるため必要な措置を講ずる。

(個人情報保護方針の公開)
第6条

「個人情報保護方針」は、日本眼科医会ホームページ等で公開する。

(個人情報保護方針の見直し)
第7条

会長は、「個人情報保護方針」を必要に応じ見直すものとする。

(管理体制)
第8条

会長は、個人情報の保護・管理を適切に実施するため、別に個人情報保護管理者を定め、責任を明確にする。

(個人情報の収集)
第9条

個人情報の収集は、本会が行う事業の範囲内で利用目的を明確に定め、その目的達成に必要な限度において、適法かつ公正な手段で行う。
2.個人情報の利用および提供を行う場合は、法令の定めによる場合を除き、事前に情報主体の同意を確認するよう努める。

(個人情報の利用)
第10条

個人情報の利用および提供は、情報主体が同意した目的達成に必要な範囲内で行う。ただし、法令の定めによる場合は、この限りではない。

(個人情報の適正管理)
第11条

個人情報は、利用目的に応じ必要な範囲内で、正確かつ最新の内容に保つよう努める。
2.取得した個人情報に関するリスク(個人情報への不正アクセス、改ざん、破壊、漏洩および個人情報の紛失等)に対しては、必要かつ適切な安全対策を講じる。
3.本会が業務を委託するために個人情報を外部へ預託する場合は、個人情報保護が損なわれることのないように適切な措置を講ずる。

(個人情報に関する情報主体の開示、訂正請求等)
第12条

情報主体から自己の情報に関する開示を求められた場合は、速かに対応する。
また、開示の結果、誤った情報があり、訂正または削除を求められた場合は、速やかに対応し、訂正または削除を行った場合は当該個人情報の受領者に対して通知を行う。

(苦情および相談)
第13条

本会は、個人情報の取扱に関する苦情・相談窓口を設置し、苦情等の適正かつ迅速な処理に努める。

 

会員個人情報の種類と使用目的


公益社団法人 日本眼科医会

本会は、定款に定められた事業遂行のため会員の個人情報を次のとおり利用します。

個人情報の種類 利用目的
会員情報(※1)
〔入会申込書等により得られる情報〕
会員入退会・異動履歴管理
会員確認
会費徴収に関わる業務
日本眼科医会刊行物ならびにお知らせ等の送付
各種アンケートの送付
日本眼科医会・各都道府県眼科医会との事業連携
個人を特定しない形態での統計情報作成
その他、定款に掲げる事業
医師賠償責任保険等管理情報(※1・※2) 医師賠償責任保険等各種損害保険の運営に関わる業務
日眼医生涯教育講座受講者情報(※1・※3) 生涯教育制度運営に関わる業務
インターネット接続ID・アカウント情報(※2) 日本眼科医会情報システム運営に関わる業務
会員メールアドレス情報(※2) 情報提供サービスの運営に関わる業務

※1 各都道府県眼科医会と共同で利用することがあります。
※2 当会と共同で事業を行う団体(事業所)と共同で利用することがあります。
※3 日眼医生涯教育講座を開催する団体(事業所)に対し、受講案内に必要な範囲内で情報提供することがあります。

上記目的での第三者提供に同意されない場合は、下記宛お申し出ください。

日本眼科医会事務局
(〒105-0014 東京都港区芝2-2-14 一星芝ビル7階 TEL 03-5765-7755)