トップページ > 日本眼科医会からのお知らせ > 単回使用医療機器の取扱いの再周知及び医療機器に係る医療安全等の徹底について

単回使用医療機器の取扱いの再周知及び医療機器に係る医療安全等の徹底について

2017年11月20日

会員各位

公益社団法人 日本眼科医会
会 長  高 野  繁
医療対策担当常任理事 髙橋 和博

<お知らせ>

単回使用医療機器の取扱いの再周知及び医療機器に係る医療安全等の徹底について

 


   単回使用医療機器の取り扱いについては、過去3回(平成16年、平成26年、平成27年)にわたり、厚生労働省医政局長通知によって繰り返し周知されていたところでありますが、今般、「医療機関において、医療の安全の確保、院内感染対策及び医療機器に係る安全管理の観点からの検討を経ることなく、当該病院の手術部門において、添付文書にて再使用禁止が明記されている単回使用医療機器の一部を洗浄・滅菌の上、再使用していたことが判明した」ことを理由に、9月21日付けで、厚生労働省から、4回目の局長通知が各都道府県知事に向けて発せられております。(添付資料参照)
   本通知は、手術器具全般を対象としたもので、歯科も含めて眼科も例外ではないため、会員各位におかれましては、平素使用されている単回使用医療機器の取扱いにつきまして、各機器の添付文書の記載を確認の上、定められた使用法の遵守を徹底していただきますよう改めて周知申し上げる次第です。


■ 添付資料「単回使用医療機器の取扱いの再周知及び医療機器に係る医療安全等の徹底について」