トップページ > 目についての健康情報 > よくわかる緑内障―診断と治療― > 1.はじめに

よくわかる緑内障―診断と治療―

1.はじめに

緑内障は、目と脳をつなぐ視神経が障害され、徐々に視野障害が広がってくる病気です。40歳以上の約20人に1人は緑内障と考えられていますので、けっして珍しい病気ではありません。

眼圧を下げることにより、緑内障が進行しにくくなりますので、できるだけ早期に緑内障を発見し、点眼薬などにより眼圧を下げ続けることが大切です。緑内障の患者さんの多くでは、眼圧は正常であり、視野障害の自覚もありません。

緑内障の早期発見のためにも、40歳を過ぎたら定期的な目の検診をお勧めします。この小冊子を通して、緑内障の患者さんや家族の方々が病気に関する理解を深め、治療を続けるうえでの疑問や不安の解消につながれば幸いです。