トップページ > 目についての健康情報 > 子どものコンタクトレンズQ&A > 13.はじめてのレンズケア

子どものコンタクトレンズQ&A

13.はじめてのレンズケア

ハードコンタクトレンズのレンズケア

現在、ハードCLは、酸素を透す素材で作られています。酸素透過性の高いレンズほど汚れが付きやすいので、しっかり洗浄してください。ハードCLは洗浄のみで、消毒は必要ありません。

まず石鹸で手を洗い、手のひらにレンズをのせ、洗浄液をそそいで指の腹で約30回こすり洗いをしてください。レンズ内面の洗浄は小指で細かくこすってね。すすぎ液でよくすすいでからケースに保存してください。洗浄液は保存液と兼ねています。レンズをこすり洗いして保存をしないと、汚れがうつりケースが汚染します。

ケースは、毎日すすぎ液でよく洗い、フタを開けたまま自然乾燥させようね。ケースは約3ヵ月で新しい物に交換しましょう。

ソフトコンタクトレンズのレンズケア

2週間交換タイプ、1~6ヵ月使用する定期交換タイプ、約1年間使用する従来型タイプは、レンズケアで清潔にしましょう。

化学消毒法:
石鹸で手を洗ってレンズをはずし、手のひらにレンズをのせ洗浄液をそそいで約20回こすり洗いをして、消毒液でよくすすぎ、消毒液を入れたケースにレンズを入れます。ケア用品によって、消毒の時間が異なります。
煮沸消毒法:
石鹸で手を洗ってレンズをはずし、手のひらにレンズをのせ、レンズクリーナーで約20回こすり洗いして、よくすすぎ、ケースにレンズを入れます。煮沸器具でレンズとケースが消毒されます。

ケースは消毒液で毎日よく洗い、フタを開けたまま自然乾燥させようね。ケースは約3ヵ月で新しい物に交換しましょう。

レンズケア(ソフトCL)の基本

目からはずす
レンズをはずす前に、必ず石けんで手をよく洗う
レンズの洗浄
手のひらにレンズをのせ、洗浄液をかけて、レンズの両面を指の先で、ゆっくりとこすり洗いする
レンズのすすぎ
すすぎは必ず消毒液を使う。
水道水はダメです
消毒・保存
レンズケースに消毒液を満たし、レンズを入れて、決められた時間おく
レンズをつける レンズをつける前にも、必ず石けんで手をよく洗う

ソフトコンタクトレンズの消毒法

CLの消毒は煮沸消毒法が最も有効ですが、従来型の約1年使用するタイプに向いています。他のタイプにも煮沸消毒ができるレンズがあるので、眼科専門医に相談してください。

化学消毒法は、過酸化水素が含まれた中和して使うタイプと、1剤で洗浄・すすぎ・消毒・保存できるマルチパーパスソリューションというタイプがあります。

目の状態やレンズの種類によって使えない消毒法があるので、眼科専門医に指示されたケア用品を、その説明書に従って使用してください。開封後1~2ヵ月で消毒効果が減少するので注意してね。

消毒液を水で薄めて使用すると効果がなくなるので、絶対にダメです。

こすり洗いやケースの洗浄が大切な理由

レンズの汚れや微生物により、まぶたのアレルギーや角膜の感染症が生じやすくなります。こすり洗いによりレンズについた汚れ(タンパク、脂質など)や細菌を取り、消毒効果が上がります。こすり洗いをしないと汚れや微生物が残ります。

不十分な洗浄により、レンズについた汚れはケースの中で細菌のえさとなり増えてしまい、レンズやケースが汚染されます。そのため、ケースの洗浄、乾燥で汚染を防ぎます。ケースは約3ヵ月で新しい物に交換しましょう。