トップページ > 目についての健康情報 > パソコンと目 > 10.目の健康を守るために

パソコンと目

10.目の健康を守るために

  1. 目の疲れ、痛み、目の乾き、見にくさなど、目に違和感があるようなら、放っておかないで、すぐに眼科専門医を受診してください。トラブルは軽いうちに解消して、重症化させないようにしましょう。
  2. 現代人は日常、目を酷使しています。とくに症状がなくとも、半年に一回くらいは眼科専門医を受診して、視力検査、眼圧検査、眼底検査、視野検査などの基本的な検査をうけましょう。早期発見、早期予防は、目の病気でも大切です。
  3. 目の疲れや全身の疲れには、充分な睡眠と適度な休養が大切です。また、栄養バランスのとれた食生活を心がけてください。

目薬の正しい使用法

  • 目薬は1、2 滴させば充分です。
  • 点眼後は目を閉じて、目薬が目の表面に広がるようにしてください。
  • 2 種類の目薬をさすときは、間を5 分くらいあけましょう。
  • 指定された点眼回数と量を守ってください。