トップページ > 目についての健康情報 > メガネのかしこい使い方 > 6.仮性近視(偽近視)のときでもメガネをかけた方がよいですか?

メガネのかしこい使い方

6.仮性近視(偽近視)のときでもメガネをかけた方がよいですか?

仮性近視とは近視になりかけの目のことで、この状態ではメガネをかけません。メガネをかけると本当の近視になる可能性があります。
眼科専門医に、調節麻痺薬の点眼で仮性近視かどうかを診断してもらいます。そして仮性近視の場合には、調節麻痺薬を使って経過を見るのもよいでしょう。3ヵ月くらい使ってみて効果のある場合には、もう3ヵ月くらい使いますが、効果のない場合には真性の近視になっていますので、不自由な場合にはメガネを処方してもらいましょう。