トップページ > 目についての健康情報 > メガネのかしこい使い方 > 4.屈折異常とはどのように矯正するのですか?

メガネのかしこい使い方

4.屈折異常とはどのように矯正するのですか?

遠くのものが網膜面にピントを結ぶようにするのが、屈折異常の矯正です。矯正には、主としてメガネとコンタクトレンズが用いられます。
遠視の場合には網膜の後ろにあるピントを網膜面にもってくるために凸レンズで、近視では網膜の前にあるピントを凹レンズで矯正します。乱視は縦と横で屈折力の違う乱視用のレンズ(円柱レンズ)を用います。このほか、最近では屈折矯正手術やオルソケラトロジー(角膜矯正療法)なども用いられています。

屈折異常眼の眼鏡矯正