トップページ > 目についての健康情報 > メガネのかしこい使い方 > 1.はじめに

メガネのかしこい使い方

1.はじめに

メガネは、屈折異常といわれている遠視、近視、乱視はもちろんのこと、老眼になっても使います。そこで人はだれでも、一生のうちで1度はメガネのお世話になります。
最近のメガネレンズは、高屈折率のガラスやプラスチックが使われて軽くなっています。また、メガネ枠も小さいものが流行して、メガネのファッションが多様化しています。しかしこうしたメガネは、上手に使わないと目が疲れたり、子どもでは根気がなくなったりします。そこで、メガネ選びは度数だけではなく、メガネ枠などにも注意しなければなりません。また、メガネとコンタクトレンズのどちらが良いかも問題になります。
このホームページでメガネのかしこい使い方を学びましょう。