トップページ > 目についての健康情報 > 子供が近視といわれたら > 7.近視の度は何歳くらいまで進むの?

子供が近視といわれたら

7.近視の度は何歳くらいまで進むの?

体の成長とともに眼軸が延長するため、近視の進行は20代後半まで見られるのがふつうです。そのため、その頃までは年に1回は必ず眼科専門医のもとで視力検査を受け、近視が進行していないか、メガネがきちんと合っているか、チェックしてもらうことが必要です。
近視が非常に強い場合には、20代後半を過ぎても近視が進行し続ける場合があります。また最近ではパソコンなどの近くを見る作業の増加にともない、成人以降に近視が発症したり、弱い近視でも、成人以降も近視が進行し続けたりする場合があります。「9.目に負担をかけない生活とは」に述べるような生活習慣に気をつけることが大切です。