トップページ > 目についての健康情報 > 子どものIT眼症 > 8.IT眼症をふせぐには

子どものIT眼症

8.IT眼症をふせぐには

  • 長時間のIT機器の使用を避ける。最長でも1時間以内。
  • IT機器は50cm以上離れても、良く見えるものにする。
  • IT機器から50cm以上離れて、電磁波の影響をなくす。
  • はじめからIT機器を見せない、買わない。あっても故障中とする。
  • 親が他のものに興味をもたせる。
  • 親が子どもと積極的に話をする。
  • 目の異常が無いか、一度は眼科医の精密検査を受ける。

どうしても子どもがIT機器を手放せない場合は、三つの50を必ず守らせてください。
IT機器を使うなら(1)50cmで楽に見える状態のものを。(2)連続使用は50分以内。(3)距離は必ず50cm以上離れて見る習慣を。50cm、50分、50cmと覚えましょう。