トップページ > 目についての健康情報 > コンタクトレンズと感染症 > 2.コンタクトレンズの全盛時代

コンタクトレンズと感染症

2.コンタクトレンズの全盛時代

ユーザーが1000万人をゆうに越すコンタクトレンズの歴史は、あのルネッサンス時代の天才、レオナルド・ダ・ビンチに始まるといわれています。角膜に直接接しているため、メガネよりも自然に近い見え方が得られることや、美容的な観点などから、コンタクトレンズは若者を中心に広く受け入れられています。
人気の中心は2週間使い捨てレンズに代表されるソフト系ですが、装用感が良い反面、ケアの方法を誤ると手痛いしっぺ返しを受けることもあります。特に感染症はユーザーの大敵です。まずは、正しいレンズ装用法を身につけることが何よりも肝要です。

目の構造

コンタクトレンズを装着したときの目の断面図