トップページ > 目についての健康情報 > アトピー性皮膚炎と目 > かゆみの対策

アトピー性皮膚炎と目

かゆみの対策

アトピー性皮膚炎のかゆみは抗ヒスタミン薬によっても制御できない場合があり、中枢(脳や脊髄)もふくめた複雑な機構が存在します。患部の乾燥や炎症がかゆみをひきおこし、さらにかゆくするので、保湿や消炎の治療によってかゆみが軽くなることがあります。

また、ストレスがアレルギーの発症や経過に影響を及ぼすことは、古くから知られています。日常生活で心理的ストレスが強くなったときには血中ヒスタミン値が上昇したり、ストレスによる気道炎症細胞数の増加や腸内細菌の集まりの変化なども報告されています。アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の発病や経過にストレスが影響を及ぼしていることも明らかになってきています。
皮膚科専門医に適切な皮膚炎の治療を受け、ストレスの少ない生活を送るよう心がけることが大切です。