トップページ > 目についての健康情報 > アトピー性皮膚炎と目 > 1.はじめに

アトピー性皮膚炎と目

1.はじめに

花粉症などで眼がかゆくて、眼球がゆがむほど強くこすったりしたことはありませんか。眼球の構造はカメラに似ていますが、もっと軟らかくて精密にできています。眼球が変形するほどこすったり叩いたりすると取り返しがつかない目の病気につながることがあります。

アトピー性皮膚炎は、自然環境やストレスの多い生活変化に伴い、思春期以降に悪化するタイプが増加しているようです。
10~30歳台にみられるアトピー性皮膚炎の目の合併症には眼瞼や結膜のかゆみをおこすアレルギー性炎症だけでなく、白内障や網膜剥離など、重い視力障害につながるものがあります。顔面の皮膚炎の重症なタイプで、よく目をこすったり叩いたりする患者さんにみられることが多く、目の合併症は気づかずに進行していることもあります。皮膚炎の治療とともに症状がなくても眼科医による検査が必要です。