トップページ > 目についての健康情報 > 白内障と手術 > 2.目は五感の長

白内障と手術

2.目は五感の長

目はよく五感の長などと言われ、重要な感覚器官で、人はその情報の90%以上を目から得ていると言われます。

仕事をするのも、テレビを見るのも、新聞や本を読むのも、美しい景色を見るのも、全て目の働きのおかげです。

人はどのような仕組みでものを見ているのでしょうか。ものを見る仕組みを考えながら、白内障(はくないしょう)という病気との関わりについて考えてみましょう。