トップページ > 目についての健康情報 > 赤ちゃんの目の病気 > 6. 幼児の場合-子どもの視力に注意を

赤ちゃんの目の病気

6. 幼児の場合-子どもの視力に注意を

母親 斜視は大きくなれば治るとききましたが、本当ですか。
医師 調節性内斜視 赤ちゃんは鼻根部がひろがっているため、内側の白目の部分がかくれて寄り目のようにみえることがあります。これは仮性内斜視(みかけの斜視)といって、成長に伴って治ります。
しかし、本当の斜視は治療しなければ決して治りませんので、目つきがおかしいと思ったら勝手に判断せずに、必ず眼科医にみせてください。
母親 どんな原因で斜視になるのでしょうか。
医師 斜視の原因には、眼球を動かす筋肉や神経の異常、遠視、視力障害などいろいろあります。
遠視が原因の調節性内斜視の場合はメガネで治りますが、それ以外の斜視は手術をしなければ治りません。内斜視の手術は早い方がよく、遅れると視力がわるくなったり、両方の目でものを見る働きが発達しなくなります。
母親 注意しないと、赤ちゃんは弱視になることがあるといわれました。どうしてですか。
医師 遮閉法 子どもの視力は乳幼児期に発達しますが、その過程で物を見ることができない状態におかれると、視力の発達がとまってしまいます。
斜視、屈折異常(主に遠視)、何らかの理由で片目を使わなかったなどが主な原因となって弱視になります。弱視の治療には先にあげた原因の予防が大切です。また、屈折異常にたいして眼鏡矯正、健眼遮閉などの治療が行われます。
年長の子どもほど視力の回復が難しくなるので、お母さんは子どもの視力に十分な注意を払ってほしいと思います。