トップページ > 目についての健康情報 > 黒いものが飛ぶ 飛蚊症 > 11. 原因に応じた治療の早期開始が大切である

黒いものが飛ぶ 飛蚊症

11. 原因に応じた治療の早期開始が大切である

網膜裂孔以外のものでも、早期治療が大切です。例えば、硝子体出血の場合にも、出血の原因を調ベてもらうことによって適切な治療がうけられるでしょう。ぶどう膜炎でも原因の精査と原因に応じた治療が必要です。

何も治療を必要とするような病気のなかった場合には、飛蚊症をあまり気にせず、眼科で時々チェックしてもらい、今まで通りの生活を続ければよいわけです。